直近一年間の累計
アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115367
タイトル別表記
PROPOSALS FOR METHODS TO IMPROVE THE ENVIRONMENT OF THE AMAGASAKI CANAL, FOCUSING ON TROPHIC LEVEL OF Tridentiger obscurus
著者
岩見, 和樹 名工建設
森田, 海斗 徳島大学
大谷, 壮介 大阪府立工業高等専門学校
橋上, 和生 徳島大学
田辺, 尚暉 徳島大学
齋藤, 稔 山口大学
キーワード
Tridentiger obscurus
Amagasaki canal
Trophic level
Environmental improvement
Stable isotope analysis
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
本研究では,チチブの栄養段階に着目して,尼崎運河の環境改善の方法について調査研究を行った.その結果,チチブは付着藻類を起点とする底生系の食物連鎖の上位にあり,またチチブを食する大型魚類の存在も示唆された.そこで,環境改善策として,積極的にチチブを保全し,運河内に過剰にある栄養塩をより多くの生物に利用されるようにすることを考えることができた.実際にチチブの保全のためのすみかを作成し,現地実験をした結果,適当なすみかの創出には,空隙がコウロエンカワヒバリガイによって閉塞されないような工夫が必要であることがわかった.
抄録別表記
This study focused on fish species to investigate methods for improving the environment of the Amagasaki Canal. Analysis of the food web revealed that a benthic fish species Tridentiger obscurus has an important role in transferring energy from primary producers to organisms at higher trophic levels. The result suggest that protection of the bottom dwelling T. obscurus is effective for improving the environment of the canal by making excessive nutrients ingestible for other organisms. When artificial shelters for T. obscurus was set in the canal, a large amount of mussel Xenostrobus securi attached to the shelter. The result insists that further improvements are needed to prevent clogging by the shells and make shelters available for T. obscurus.
掲載誌名
土木学会論文集G(環境)
ISSN
21856648
出版者
土木学会
76
6
開始ページ
II-121
終了ページ
II-127
発行日
2020
権利情報
© 2020 公益社団法人 土木学会
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
環境防災研究センター