アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 45761
タイトルヨミ
カンキョウ ヨウイン ノ ケンコウ リスク ヒョウカ ト シッペイ ヨボウ エノ コウケン
タイトル別表記
Risk assessment of environmental factors and contribution to disease prevention
著者
有澤, 孝吉 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部社会環境医学講座予防医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
日吉, 峰麗 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部社会環境医学講座予防医学分野
武田, 英雄 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部社会環境医学講座予防医学分野 徳島大学 教育研究者総覧
キーワード
cadmium
dioxins
human T-cell lymphotropic virus type-I
risk assessment
epidemiology
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
The research interest of authors has focused on the risk assessment of environmental pollutants such as cadmium and dioxin-related compounds, and epidemiology of human T-cell lymphotropic virus type-I (HTLV-I) infection. The authors (1) showed that low-molecular weight proteinuria and reduced glomerular filtration rate caused by environmental cadmium were strongly associated with shortened survival, (2) clarified serological risk factors for development of adult T-cell leukemia/lymphoma among asymptomatic HTLV-I carriers (plasma levels of soluble interleukin2-receptor>=500U/ml and HTLV-I antibody titer>=1,024), (3) conducted the first prospective study of HTLV-I infection and development of malignances other than ATL, and found a significantly reduced risk of gastric cancer among HTLV-I carriers, and (4) by a cooperative study, clarified a new pathogenicity of HTLV-I (association with Sjögren’s syndrome).
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
61
1-2
開始ページ
31
終了ページ
37
並び順
31
発行日
2005-04-25
備考
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
医学系
技術支援部