アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 113507
タイトル別表記
Consideration of Deep Learning in Flipped Classroom
著者
資料タイプ
紀要論文
抄録
2000 年以降,国内の高等教育機関において,アクティブラーニングの導入が進んだ。アクティブラーニングの効果について,検証方法は確立したとは言い難い。そこで,本研究では,徳島大学で初年次の学生を対象におこなわれている反転授業を取り上げ,深い学びの効果についての検証をおこなう。我々は,深い学びは,メタ認知によるものと考える。本稿では,阿部らが開発した成人用メタ認知尺度を用いメタ認知の調査をおこなった。その結果,メタ認知尺度を用いることで,反転授業を受けた学生に対しメタ認知の確認をおこなえることが分かった。また,学習成果とメタ認知の間に相関が示唆されることを確認することができた。このことから,反転授業は深い学びに寄与することが確認されたと考える。しかし,今回の調査によってメタ認知の尺度の問題点も明らかになり,メタ認知尺度の改良を進める必要があることが分かった。
抄録別表記
T Since 2000, active learning has been introduced to higher education in Japan. On the other hand, the verification method of the effect of active learning has not been established. Therefore, in this research, we will examine the effect of deep learning for courses that are processed by the flipped class for the freshman at the University of Tokushima. We assume that deep learning is linked to meta-cognition. We investigated meta-cognition using the adult meta-cognitive scale that is developed by Abe. As a result, it was found that metacognition can be verified in students who took the flipped class. It was also verified that correlation is suggested between general learning outcome and metacognition. Therefore, we consider that the flipped class will contribute to deep learning. However, this survey also clarified the metacognition scale problem. It is necessary to advance the improvement of the metacognition scale.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
28
開始ページ
25
終了ページ
33
並び順
25
発行日
2019-03-31
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
高等教育研究センター