アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 110590
タイトルヨミ
ジョウチョウカンマク ドウミャクセイ ジュウニシチョウ ヘイソクショウ SMA syndrome ニ タイスル フククウキョウカ ジュウニシチョウ クウチョウ フンゴウジュツ
タイトル別表記
Superior mesenteric artery syndrome treated by laparoscopic duodenojejunostomy
著者
八木, 淑之 徳島県立中央病院外科
藤野, 良三 徳島県立中央病院外科
高井, 茂治 徳島県立中央病院外科
三木, 仁司 徳島県立中央病院外科
住友, 正幸 徳島県立中央病院外科
松山, 和男 徳島県立中央病院外科
尾形, 頼彦 徳島県立中央病院外科
中川, 靖士 徳島県立中央病院外科
金村, 晋史 徳島県立中央病院外科
兼田, 裕司 徳島県立中央病院外科
黒部, 裕嗣 徳島県立中央病院外科 KAKEN研究者をさがす
寺内, 明子 さんかん内科外科
キーワード
SMA syndrome
duodenojejunostomy
laparoscopic surgery
laparoscopy
duodenum
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Superior mesenteric artery (SMA) syndrome is a rare disorder, recognized as nausea, vomiting, weight loss, and postprandial abdominal pain due to compression and obstruction of the third portion of the duodenum by the SMA. If conservative treatment fails, then duodenojejunostomy or lysis of the ligament of Treitz is indicated. Recently, laparoscopic techniques have been described. This is the first case report, to our knowledge, of performance of a laparoscopic duodenojejunostomy for treatment of SMA syndrome in Japan. A 17-year-old female with a diagnosis of SMA syndrome was prepared for surgery after having failed conservative management. Laparoscopic duodenojejunostomy was performed through the mesenterium of the transverse colon. Postoperative course was uneventful. A gastografin study obtained on postoperative day 6 demonstrated no leakage of the anastomosis and free flow of contrast medium through the duodenojejunostomy. Laparoscopic duodenojejunostomy is safe and effective and a viable method for treatment of SMA syndrome.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
59
1-2
開始ページ
68
終了ページ
73
並び順
68
発行日
2003-04-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系