アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 116166
タイトル別表記
A case of dental maxillary protrusion with gingival recession of mandibular central incisor induced during orthodontic treatment and treated with subepithelial connective tissue graft : Long term follow-up
矯正治療中に歯肉退縮した下顎中切歯に対して結合組織移植を行った長期保定症例
著者
坂巻, 拓馬 徳島大学
中村, 竜也 川上矯正歯科医院
キーワード
歯肉退縮
結合組織移植
上顎前突
長期保定
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
歯肉退縮は,矯正治療中や治療後にしばしば生じるリスクのひとつであり,歯根面の露出により審美障害ならびに知覚過敏や根面う蝕などの問題を誘発する.
歯肉退縮の予防を目的とした,矯正治療前の歯周外科処置も報告されているが,現時点では一般的ではなく,実際に歯肉退縮が発生した後,結合組織移植術(CTG)などの歯周形成外科手術によって対応しているのが現状である.
今回我々は,歯性上顎前突患者の矯正治療中に下顎左側中切歯に生じた歯肉退縮に対して,1年10か月間の矯正治療終了後にCTGを施行し,術後6年経過した現在も歯肉退縮の再発を認めず,良好な状態が維持された症例を経験したため報告する.
抄録別表記
Gingival recession is one of the common risks in clinical orthodontics, and it results in dentinal hyperesthesia and root caries with esthetic problems. Periodontal surgical therapy including connective tissue graft (CTG) has not been routinely performed to prevent gingival recession before orthodontic treatment, and CTG has been conducted when causing gingival recession after orthodontic treatment.
In this study, we report a case of dental maxillary protrusion who induced gingival recession in the left lower central incisor during orthodontic treatment. After 1-yesr 10-month orthodontic treatment, a subepithelial CTG procedure was performed. Healing was uneventful, and the grafted site showed a favorable outcome at 6 years postoperatively.
掲載誌名
日本矯正歯科学会雑誌
ISSN
13490303
cat書誌ID
AA11917839
出版者
日本矯正歯科学会
80
1
開始ページ
27
終了ページ
33
発行日
2021-03-25
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
著者版
部局
歯学系