アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 109791
タイトルヨミ
コウゴウ ヨウシキ ノ チガイ ガ インプラント チリョウ ケッカ ニ オヨボス エイキョウ : ブンケン コウサツ
タイトル別表記
A Review of Clinical Follow-up Studies Focusing on Clinical Outcome of Implant Treatment : Influence of Occlusal Scheme Type
著者
後藤, 崇晴 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面補綴学講座 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
薦田, 淳司 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面補綴学講座
石田, 雄一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面補綴学講座 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
西中, 英伸 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面補綴学講座
友竹, 偉則 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面補綴学講座 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
市川, 哲雄 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面補綴学講座 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
インプラント
咬合様式
システマティックレビュー
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Occlusion, including the occlusal scheme, occlusal contact, and occlusal force, has been discussed by many researchers. Traditionally, these arguments have been empirical in clinical experience and not based on scientific evidence.
The aim of this study was to analyze the published literature on clinical follow-up studies focusing on the occlusal scheme of implant treatment. Two databases, “PubMed” and “Japana Centra Revuo Medicina” were searched to retrieve research papers on clinical follow-up studies focusing on the occlusal scheme of implant treatment. Twelve papers were selected from the database using the criteria, and were reviewed. Little scientific evidence supports a relationship between the occlusal scheme and the outcome of osseointegrated implant treatment. Within the limitations of the articles, this review indicates that scientific evidence of occlusal scheme of implant treatment is insufficient. Occlusal scheme has little effect on the survival rate of implants and mutually protected occlusion is used in a fixed superstructure and balanced occlusion is used in a removable superstructure.
掲載誌名
四国歯学会雑誌
ISSN
09146091
cat書誌ID
AN10050046
出版者
四国歯学会
22
2
開始ページ
139
終了ページ
147
並び順
139
発行日
2010-01-31
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系
病院