アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 112905
タイトル別表記
Weathering and locality of sandstone brand "muya-ishi" used in German Bridge and memorial stone monument of German prisoners
著者
中尾, 賢一 徳島県立博物館
辻野, 泰之 徳島県立博物館
橋本, 寿夫 阿波市立市場中学校
地質班(地学団体研究会)
キーワード
撫養石
ドイツ橋
ドイツ兵慰霊碑
風化
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
鳴門市域に分布する砂岩石材「撫養石」を用いて造られている「ドイツ橋」と「ドイツ兵の慰霊碑」の風化程度を評価するとともに,大正~昭和初期に採掘が行われていた石切場を推定した。聞き取りの結果,石切場は鳴門市中山の丘陵斜面で行われていたことが判明した。「ドイツ橋」と「ドイツ兵の慰霊碑」について, 目視による点検ならびに非破壊計測である色彩測定を実施した。その結果,林内にある「ドイツ橋」の風化程度は軽微であるが,強い直達日射を受ける「ドイツ兵の慰霊碑」の南西端の石柱で,顕著な亀裂が形成されていることを確認した。劣化の進行に対する対策としては,石材への直達日射の軽減や,石材表面への散水・洗浄を低減することで乾湿繰り返しを低下させることなどが考え得る。
掲載誌名
阿波学会紀要
ISSN
13406523
cat書誌ID
AA11456190
出版者
阿波学会|徳島県立図書館
61
開始ページ
177
終了ページ
184
発行日
2017-03-01
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系