アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115900
著者
梶原, 美恵子 北九州古賀病院
伊丹, 幸香 北九州古賀病院
福澤, 幸明 北九州古賀病院
シュバリエ, 貴子 北九州古賀病院
川畑, 早香 北九州古賀病院
キーワード
病棟看護師
口腔ケア
口腔細菌数
口腔ケア用ジェル
吸引嘴管
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
咳反射や口腔機能が低下した高齢者に対する口腔ケアは、汚染された洗浄水を誤嚥させるリスクがある。角らが開発した「口腔ケアシステム」を用いて行った先行研究では、口腔ケア用ジェル「お口を洗うジェル」を使用して遊離させた汚染物を絡め取り口腔外へ排除する手法により、口腔細菌数が有意に減少を示した。今回、看護師実施による口腔ケアの効果を口腔細菌数の変化により検証した。
非経口摂取患者を、「口腔ケアシステム」を用いた「新法群」と、従来行っている他社製品の口腔保湿剤と吸引カテーテルを使用する口腔ケア「従来法群」の2群に分け、病棟看護師により1日1回連続28日間実施した。口腔細菌カウンタを用いて、口腔ケア介入開始1日目の口腔ケア直前、5日目口腔ケア後30分、28日目口腔ケア後30分の3回測定し、クロスオーバー比較化試験を行った。統計解析はIBM SPSS version24を用い有意水準は5%とした。新法を従来法と比較した結果有意性が認められ、測定時期も直前とケア5日目、28日目は有意に減少した。
掲載誌名
日本慢性期医療協会誌
cat書誌ID
AA12580275
出版者
日本慢性期医療協会
28
1
開始ページ
93
終了ページ
97
発行日
2020-02
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系