アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115902
タイトル別表記
水を使わない口腔ケアシステムによる細菌数の変化
The Change of Oral Bacterial Count after Professional Oral Hygiene Care with a Newly Developed Gel and Suctioning
著者
梶原, 美恵子 北九州古賀病院
守谷, 恵未 国立長寿医療研究センター
角, 保徳 国立長寿医療研究センター
キーワード
高齢者
口腔衛生管理
効果
口腔細菌数
口腔不潔
elderly
oral hygiene care
outcome
oral bacterial count
poor oral hygiene
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
目的:非経口摂取高齢入院患者を対象に「水を使わない口腔ケアシステム」を実施し,口腔細菌数の変化を検証することを目的とした。
方法:非経口摂取高齢入院患者100名を,「水を使わない口腔ケアシステム」(以下,新法)と従来の口腔衛生管理(以下,従来法)の2群に無作為に分け,1日1回連続5日間,歯科衛生士が口腔衛生管理を実施した。1日目の管理直前(以下,ベースライン),管理直後,1時間後と5日目の管理1時間後の計4回,口腔細菌数を測定した。測定値を対数変換して,二元配置分散分析を行った。有意水準は5%とした。
さらにベースラインで細菌数レベル4以上を口腔不潔者とし,5日目に細菌数レベル3以下になった者を「改善あり」,4以上の者を「改善なし」として,χ2検定を行った。
なお本研究は,特定医療法人北九州病院倫理委員会の承認を得て実施した(第15-3号)。
結果:ベースラインと管理直後においては,新法群と従来法群の口腔細菌数に有意差はなく,管理1時間後と5日目においては新法群の細菌数は従来法群よりも有意に低値であった。新法群は,ベースラインと比べて管理直後,1時間後および5日目の細菌数は有意に低下し,管理直後よりも5日目は有意に低下した。従来法群は,ベースラインと比べて管理直後および管理1時間後の細菌数は有意に低下した。また,口腔不潔者のうち,新法群では29名に改善がみられ,従来法群の7名よりも有意に多かった。
結論:本研究における口腔細菌数の変化の結果から,「水を使わない口腔ケアシステム」は従来の方法よりも効果的である可能性が示された。
抄録別表記
Aim:This study aimed to clarify the change of oral hygiene status after performing a new method of professional oral hygiene care using a newly-developed gel and suctioning with a probe in elderly patients without oral intake based on oral bacterial count.
Methods:One hundred elderly patients without oral intake were randomly divided into two groups:the new oral hygiene method using a newly-developed gel and sustained-suctioning with a probe was performed in one group, and the conventional method was performed in the other group. One dental hygienist performed the oral hygiene care for all subjects once a day for five consecutive days. The number of oral bacteria was counted using a bacterial counter four times:at the baseline, immediately after, and 1 hour after the oral hygiene care on the first day, and 1 hour after on the fifth day. The data was statistically analyzed using two-way ANOVA. Additionally, the number of subjects with poor hygiene(level 4 and over)was compared among the two groups at the baseline and at the fifth day and statistically analyzed using the chi-squared test.
Results:The oral bacteria count in the new method group was significantly less than that in the conventional method group at immediately after, 1 hour after, and the fifth day. In the new method group, the count at the fifth day was significantly less than at the baseline and immediately after the care.
In addition, the number of subjects whose oral hygiene status improved was significantly more in the new method group(29 of 49)than in the conventional group(7 of 47).
Conclusions:The change of oral bacterial count found in this RCT suggested that the new professional oral hygiene method could be more effective than the conventional method.
掲載誌名
老年歯科医学
ISSN
09143866
18847323
cat書誌ID
AN10023520
出版者
日本老年歯科医学会
34
4
開始ページ
494
終了ページ
502
発行日
2020-03-31
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系