アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 74512
タイトルヨミ
サンカ テツケイ ネンショウ ショクバイ ノ ディーゼル ハイキ ガス ショリ ギジュツ エノ オウヨウ
タイトル別表記
Application of Iron Oxide Combustion Catalysts to After-Treatment System of Diesel Engine
著者
村井, 啓一郎 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部先進物質材料部門 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
東條, 卓 徳島大学大学院工学研究科化学応用工学専攻
山口, 喬史 徳島大学大学院先端技術科学教育部環境創生工学専攻
森賀, 俊広 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部先進物質材料部門 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
木戸口, 善行 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部エネルギーシステム部門 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
Iron oxide
Combustion Catalyst
Oxidation
Alumina Support
資料タイプ
紀要論文
抄録
Iron oxides which were supported on three kinds of alumina (γ-Al2O3, χ-Al2O3 and
activated-Al2O3) were prepared for oxidation catalysts on an after-treatment system of diesel engine.
In methane oxidation experiment, we found that the hematite (α-Fe2O3), which was synthesized from
goethite (α-FeOOH), supported on χ-Al2O3 has the highest catalytic activity (over 70% in CH4
conversion) at 227K than the other catalysts. Also in the redox reaction between NOx and
activated-carbon as substitute for soot, the catalyst supported on χ-Al2O3 showed the highest
performance and CO gas was not observed in the products. It is concluded that in α-Fe2O3/χ-Al2O3
catalyst, α-Fe2O3 exists mainly on the surface of the support, because of flatness of the surface of
χ-Al2O3. On the other hand, in the case of α-Fe2O3/γ-Al2O3 catalyst, as the surface of support,
γ-Al2O3, is uneven, α-Fe2O3 do not partially exist on the surface but in the pores.
掲載誌名
徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告
ISSN
21859094
cat書誌ID
AA12214889
53
開始ページ
28
終了ページ
32
並び順
28
発行日
2008
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
理工学系