アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 113180
タイトル別表記
Influence of frontal lobe tests on heart rate variability in young adults
著者
キーワード
心拍変動
前頭葉機能
ストループ・テスト
ウィスコンシン・カード・ソーティング・テスト
青年期
heart rate variability
frontal lobe function
Stroop test
Wisconsin card sorting test
young adult
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
人は精神的ストレスによって自律神経活動に影響を受け,ストレスの程度が大きければ自律神経失調などの症状を引き起こす.そこで,前頭葉機能検査を負荷試験として自律神経活動の変化を心拍変動でとらえ,前頭葉に対する負荷が自律神経活動に与える影響について検討した.その結果,前頭葉機能検査前にCVRRが高く検査が始まると低下するタイプと,検査前にはCVRRが低く,検査が始まるとCVRRが高くなるタイプの2つのパターンがあることが示唆された.また,前頭葉機能検査の種類によって反応は異なり,Stroop test時にはLFやLF/HFは低下していたが,WCST時ではStroop test時に比べてLF/HFは高値であった.Stroop testの成績は自律神経活動に反映されており,高次処理依存ストレッサーとして利用できる可能性が示唆された.
抄録別表記
We’re susceptive to the effects of psychological stress on our autonomic nervous activities, and symptoms including dysautonomia develop if the degree of stress is high. Hence, we conducted a frontal lobe test as a stress tolerance test and the changes in the autonomic nervous activities were determined by heart rate variability to evaluate its effects in the frontal lobe on the autonomic nervous activities. As a result, CVRR values were classified into 2 types, one type in which high CVRR values before the initiation of the test decreased at the initiation, and the other type in which low CVRR values before the initiation increased at the initiation. Furthermore, responses varied with the types of frontal lobe tests : LF and LF/ HF values decreased in a Stroop test, while LF/HF values were higher in a WCST compared with the Stroop test. These data indicate that Stroop test may be used as a psychological stressor.
掲載誌名
The Journal of Nursing Investigation
ISSN
13483722
24342238
cat書誌ID
AA11937122
出版者
徳島大学医学部
10
1-2
開始ページ
28
終了ページ
35
並び順
28
発行日
2012-03-30
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系