アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115517
タイトル別表記
Are the Investors in Chinese P2P Lending Market Smart?
著者
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
近年P2P ネット金融が中国で急速に成長してきた。本稿ではP2P ネット金融の大手プラットフォームである「人人貸」(RRD)の取引レコードを用いて、成約済のローン証券のデフォルト要因を分析した上、未成約ローン証券のデフォルト率の予測を行った。成約済ローン証券の実際のデフォルト率が17.83%であるのに対して、未成約ローン証券の予測デフォルト率が35% で、両者の間に大きな差があり、投資家がかなり賢いであることが間違いない。しかし、成約済ローン証券の実際のデフォルト率が17.83%、極めて高く、改善すべき点がかなり多いと思われる。さらに、ローン証券利率とローン証券期間の間に多重共線性が起こってしまうほど強い相関を持っていた。これはRRD が借り手の信用ランギングよりもほぼローン証券期間に比例してローン証券利率を決定するスキームが設計されていたことが起因である。
抄録別表記
The market of Chinese P2P Lending has rapidly grown in the last ten years. We use transaction records of RRD (renrendai.com) which is one of the leading platforms in P2P Lending of China, analyzing the default factors of Contracted Unsecured Loan Securities (CULSs), and estimating the default rate of Non-Contracted Unsecured Loan Securities (Non-CULSs). It is obvious that the Chinese investors of P2P Lending are clever for the good reason that the actual default rate of CULSs is 17.83%, while the expected default rate of Non-CULSs is about 35%. However, the actual default rate of CULSs is too high to afford in general, so there are many things that need to be improved for RRD. Moreover, the decision scheme of CULSs’ interest does not depend on credit ranking of borrowers but almost on its duration, causing a strong multiple collinearity between its interest and duration, this decision scheme also need to be modified for RRD.
掲載誌名
パーソナルファイナンス研究
ISSN
21899258
cat書誌ID
AA12739113
出版者
パーソナルファイナンス学会
6
開始ページ
47
終了ページ
56
発行日
2020-02-29
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
総合科学系