ID 111703
タイトル別表記
ECTOPIC HORMONE PRODUCTION AND GENE EXPRESSION IN TUMORS
著者
斎藤, 史郎 徳島大学
斎藤, 晴比古 徳島大学
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
異所性ホルモン産生とはもともと非内分泌腺腫瘍によるホルモン産生を指していたが, 現在では正所性産生と考えられる場合も少なくないことが知られている。本腫瘍はペプチドホルモン,神経ペプチド,成長因子などを産生・分泌し,生化学的,免疫化学的ならびに形態学的研究により, 産生ホルモンの種類・分子多様性,複数ホルモン同時産生などに個々の腫瘍による特徴が見出される。最近,遺伝子組換え技術の進歩により多数のホルモンの遺伝子構造が解明され,ホルモン前駆体のアミノ酸配列も明らかにされた。今後,正常細胞と腫瘍細胞におけるホルモン遺伝子の相違の有無, 遺伝子発現機構およびホルモン前駆体のプロセシングの機構についての研究の発展が期待される。
抄録別表記
Recent progress in research into ectopic hormone production and hormone gene expression in tumors is reviewed. Biochemical, immunochemical and morphological studies have shown that differentiation between “ectopic " and “eulopic” has become difficult and that the types of peptide hormones, neural peptides and growth factors produced, their molecular heterogeneities and ability of plural hormone production are greatly different in each tumor. Recently, the gene structures of many hormones and amino acid sequences of hormone precursors have been determined by genetic recombination techniques. However, the nature of hormone genes, the mechanism of gene expression and the processing mechanisms of hormone precursors in normal and tumor cells remain to be studied.
掲載誌名
癌と化学療法
ISSN
03850684
21872449
cat書誌ID
AN00048354
出版者
癌と化学療法社
12
1
開始ページ
1
終了ページ
12
発行日
1985-01
EDB ID
71843
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系