ID 111723
タイトル別表記
特集 : 糖・脂質代謝障害と最新の治療 : 消化吸収調節から代謝制御まで
著者
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
・遺伝子治療は生殖系列細胞ではなく,体細胞を対象とする(体細胞遺伝子治療).
・理想的な遺伝子治療として「相同組換え」の方法が考えられるが,実際的には「遺伝子産物の補充療法」が主体である.
・現実的な遺伝子の導入法として, レトロウイルスベクタ一系が主として用いられている.
・最近, in vivo gene deliveryの方法が確立されつつある.
・糖尿病に対する遺伝子治療の対象遺伝子として,インスリン,サイトカイン,増殖・分化因子の遺伝子などが考えられる.
・膵ラ氏島B細胞の増殖分化にかかわる遺伝子,あるいはグルコース依存性インスリン分泌機構に関与する遺伝子群を単離するための方法として,cDNAライブラリーの系統的解析が有用である.
掲載誌名
nanoGIGA
ISSN
09186506
cat書誌ID
AN10394704
出版者
日本臨牀社
3
4
開始ページ
114(634)
終了ページ
119(639)
発行日
1994-04
EDB ID
71884
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系
先端酵素学研究所