ID 112196
タイトル別表記
Development of Power stock exercise for prevention of Locomotive Syndrome
著者
岸本, 実 きしもと鍼灸治療院
村上, 亜弥子 徳島大学
吉田, みつる 徳島大学
資料タイプ
紀要論文
抄録
要介護の危険性が高い状態であるロコモティブシンドロームの予防を目的としてストックやポールを活用した「パワー・ストック・エクササイズ」を開発した。この運動プログラムの特長は,健常な中高年者から後期高齢者,低体力者まで様々な体力レベルの方が実施可能なことである。ストックを利用することにより安全に運動することが出来,また運動負荷の調整も可能となる。さらに正しいフォームの獲得にも有効である。トレーニングメニューの中核は「フラミンゴバランス」と「カンガルー運動」と「カモシカステップ」で構成されている。これらの運動プログラムの実践によりバランス機能と筋力,ステップワークの改善が期待される。
抄録別表記
We developed the exercise program named 'Power stock exercise' for preventing locomotive syndrome. The strong point of this program is that the person of various physical strength levels can carry out. Even the elderly people to whom muscular power fell can practice the exercise. The strong point of this program is safety, and the 2nd strong point is being able to adjust the load of exercise. In addition, stock is utilizable also as an item for gaining the right training form. The main exercise consists of flamingo balance, kangaroo exercise, and antelope step. We think that they are effective in a balance function, the muscular power of the leg, and improvement in a step work. We will verify the effect of this exercise program from now on.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
23
開始ページ
11
終了ページ
20
並び順
11
発行日
2014-03-31
EDB ID
286416
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
大学開放実践センター