ID 112474
タイトル別表記
Development of MRI Artifact-Free Alloys for Biomedical Applications
著者
キーワード
磁化率アーチファクト
体積磁化率
反磁性元素
生体親和性
susceptibility artifact
volume magnetic susceptibility
diamagnetic element
biocompatibility
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
MRIで金属アーチファクトを生じない医療用デバイスを作製するには,周囲の組織に近い体積磁化率を示す反磁性の金属材料が必要である.我々は,生体親和性の高い反磁性元素であるAuをベースとし,目標磁化率と高強度を同時に発揮する合金の開発を進めており,Ti-6Al-4V合金やCo-Cr-Mo合金と同等以上の強さを示すAu合金が得られる可能性が見えてきた.
抄録別表記
MRI artifact-free biomedical devices require diamagnetic metals indicating small volume-magnetic-susceptibility mismatch between the metal and surrounding tissues. The authors have developed new alloys based on Au, a biocompatible diamagnetic element, demonstrating susceptibility values close to surrounding tissues and high strength, simultaneously. And they found candidate Au alloys exhibiting strength similar to or higher than Ti-6Al-4V alloy and Co-Cr-Mo alloy.
掲載誌名
バイオマテリアル : 生体材料
ISSN
24340359
13477080
cat書誌ID
AA11648781
出版者
日本バイオマテリアル学会
34
1
開始ページ
50
終了ページ
53
発行日
2016-01
EDB ID
306613
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
著者版
部局
歯学系