ID 322
タイトルヨミ
コウドウ カガク ノ ガクセイ ノ タメ ノ トウケイガク カリキュラム コウチク ノ シテン ニ カンスル コウサツ
タイトル別表記
What needs to be included in the curriculum of statistics education for behavioral science students
著者
資料タイプ
紀要論文
抄録
統計学は,徳島大学のほとんどの学部や学科で必修科目とされていたり,履修することが望ましいとされたりしている科目である。しかし,文系の学生にとっては,どうしても数学の一部として捉えられがちであり,苦手意識を持った学生が多い。将来,予想される総合科学部のカリキュラム改訂に向け,文系の学生のための統計学のカリキュラム構築の方向性を探った。
抄録別表記
Statistics is considered to be a required subject in most departments and courses at the University of Tokushima, and it is a subject assumed to be highly desirable to study while in college. However, for a student of the Faculty of Integrated Arts and Sciences, it is regarded as a part of mathematics. There are many students who believe that it is difficult to learn. In the near future, a revised curriculum of the Faculty of Integrated Arts and Sciences is to be put into effect. Possible approaches to construct statistics curriculum for students of behavioral sciences are explored.
掲載誌名
徳島大学大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
17
開始ページ
89
終了ページ
101
並び順
89
発行日
2007-08
備考
公開日:2010年1月24日で登録したコンテンツは、国立情報学研究所において電子化したものです。
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
総合教育センター