ID 101801
タイトルヨミ
セイブンカ ト セイシ ケイセイ キコウ ニ タイスル プロテオミクス カラノ アプローチ
タイトル別表記
Proteomics approach for the mechanism of sex determination
著者
佐藤, 陽一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座分子予防医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
新家, 利一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座分子予防医学分野
陳, 剛 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座分子予防医学分野
閻, 洪涛 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座分子予防医学分野
坂本, 梢 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座分子予防医学分野
楊, 新軍 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座分子予防医学分野
梅野, 真由美 徳島大学医学部保健学科
中堀, 豊 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座分子予防医学分野
キーワード
SRY
sex determination
Y chromosome
proteomics
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
SRY (sex determining region on the Y chromosome) was a gene isolated as the testis determining factor on the Y chromosome in 1990.The gene consisted of single exon and encodes a 204 amino acid protein. Since SRY protein has a HMG domain, which functions as DNA binding domain, it has been considered to be a transcription factor. Direct target of SRY, however, have not yet identified for 14 years.
In this study, we have performed a proteomics approach to analyze the function of SRY. Twodimensional gel electrophoresis after over expression of SRY showed considerable down regulation in many proteins. Among the proteins, mitochondrial 60‐kDa heat shock protein (HSP60) and probable protein disulfide isomerase (ER60) remarkably decreased. Since they were reported to be associated with cell proliferation and differentiation, we investigated the effects of SRY on cell cycle profiles. It was shown that the over‐expression of SRY negatively regulated the cell growth with significant S or G2/M arrest of cell cycle.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
60
5-6
開始ページ
168
終了ページ
171
並び順
168
発行日
2004-12-20
備考
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
薬学系