アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 45103
タイトルヨミ
カンタータ ダイ215バン ナンジ ノ サチ オ タタエヨ メグマレシ ザクセン BWV 215 ダイ1キョク ト ミサ キョク ロタンチョウ BWV 232 ダイ23キョク ト ソノ ハンプク ブブン ノ ダイ25キョク イト タカキ トコロ ニ オザンナ ノ テンヨウ カンケイ ニツイテ ノ ケンキュウ
タイトル別表記
A Study on the Parody of the Secular-Cantata No.215 <Preise dein Glucke,gesegnetes Sachsen>(First tune)and <Messe in h-moll>(BWV232)(the Twentythird Tune and the Twentyfifth Tune as the Repeat-Part)(Osanna in excelsis)
著者
資料タイプ
紀要論文
抄録
In this study,I investigated the parody-relation of the secular-cantata No.215<Preise dein Glücke,gesegnetes Sachsen> (BWV 215) (the first tune) and <Messe in h-moll> (BWV 232) (the twentythird tune and the twentyfifth tune as the repeat-part) (Osanna in excelsis).
As a result of this study,I could confirm that Bach did the parody very naturally and large-heartedly on his mature and pure-musical conception,as the both works are quite alike in these feelings and the atmosphere of these text.
Further,I could recognize the symbolic technique of number on 3 and the simple symbolic technique of a sensuous level.
掲載誌名
徳島大学総合科学部人間社会文化研究
ISSN
09199411
cat書誌ID
AN10436735
12
開始ページ
67
終了ページ
74
並び順
67
発行日
2005
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
総合科学系