ID 106287
著者
キーワード
Students' beliefs
Compulsory English
Action Plan
資料タイプ
紀要論文
抄録
「英語が使える日本人」の発表から6年が経過しており、その成果の一つとして、例えば現在の日本人大学生が「英語学習の必要性に対する理解」、「国際化についての理解」、「英語学習に対する意欲向上」などの点でかなりの向上を見せているものと推測される。
そこで、本稿では297名の国立大学一年生にこれら3点に関するアンケート調査を実施し、現状における同政策の効果を見ることとした。結果、①学生は英語の必要性を感じているが、②個人的に学習する目的は明確ではない、③国際化の圧力は感じているが、その定義に関しては十分理解しているわけではない、ということが明らかになった。
掲載誌名
徳島大学国際センター紀要
cat書誌ID
AA12549989
4
開始ページ
31
終了ページ
37
並び順
31
発行日
2008
EDB ID
フルテキストファイル
言語
eng
著者版フラグ
出版社版
部局
国際センター
総合科学系